経営理念

事業は人なり
企業は人が基本。その人の良いところだけを見て認め合うこと、そして一人ひとりの個性を生かした営業スタイルを尊重することが大切だ。「事業は人なり」-東信運送を支える大きな柱である。
プレイング・マネージャー
当社はドライバー一人ひとりがスピーディに判断し実行できるプレイング・マネージャーである。お客様のニーズを的確かつスピーディにとらえ対応していく、東信運送のスピード感あふれるビジネス展開は「社員は皆みなプレイング・マネージャー」の体制から生まれる。
すべては二面性を持つ
明暗、陰陽、世の中はすべて二面構造を持つ。どちらかだけを見るのではなく、つねに別の面に注目することが大切だ。「二面性」。それは東信運送独自のビジネス展開の鍵を握るキーワードである。
ニッチをとらえろ
東信運送は、損はせずとも利幅があまり期待できない「ニッチ」の分野にかたくなにこだわってきた。東信運送のビジネス戦略は「ニッチをとらえろ」。だからこそ、たとえ厳しい経済状況を迎えても当社ができる仕事は増え続ける。